読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlimited***

DIAMOND☆DOGSを見つめる日々の雑記帳

DreamLive7th

100524_2323~01.jpg

ミュージカル「テニスの王子様」7年間の歴史に幕が降りました。

書きたいことはたくさんたくさんありますが、長くなりそうなので、テニミュに関しては別記事にします。

まずは今回のドリライ7から。

最終日の横浜前楽・大千秋楽の2公演に行ってきました。

今回の私のドリライ参加目的は『テニミュのラストを見届けたい』というもの。

その点からいって、ドリライ7は割とテンポよくまとめられていて、5thなどに比べて奇をてらった演出よりも、本当にテニミュの歴史や成長を振り返るような演出になっていてすごく良かったかな。

ただ、「テンポがよかった=台本通り」感は否めず、初代やゲストコーナー以外は割りと自由がなかったんじゃないかな…。

確かに過去のキャストが出てくれて思い出話や当時の裏話をしてくれるのは嬉しいけど、あまりにフリーダムだったので…

いっそゲストコーナーも質問事項とかテンプレ化して時間決めちゃったほうが良かったんじゃないかなぁ。

あと大楽ゲストの特別扱いっぷりはちょっと…あそこまで特別扱いされるとちょっと…本当に大丈夫か、あの事務所。

1人1人の「ありがとうございました!」もシンプルで素敵だったけど、せめて5代目の卒業コメントくらいは聞きたかったなぁ。。。

さて、苦言はこれくらいにしておいて、感想を。

私自身は4代目卒業以降は各公演1回くらしか行ってなかったので、正直5代目は数える程度にしか見れていないのですが、去年のドリライに比べてみんなすっごく上手になってました。

"上手"なんて言うと小手先だけの安い言葉で嫌なんだけど、気合いとか自身が役に乗って伝わってきてすごく感動しました。

5代目の中では私は汰斗が好きなんですが、まさかのたいとコールにウケながらも同調。楽しかったよ!!

あと不二・仁王のやりとりがたまらなくツボでした(笑)

不二のキャラを履き違えるマサ仁王とか爆笑でした。

たいちゃん仁王は可愛かった。

絶対誰も騙せないよ(^_^;)

卒業挨拶で高崎くんがボロボロに泣いてる所からニコッて笑顔になった瞬間、あぁ菊ちゃんだって思った。

今までのどの瞬間よりも高崎くんと菊丸が重なって見えて私も泣きそうになりました。

四天はやっぱり歌聞いてるだけで明るく楽しい気持ちになるなぁ~

自然と笑顔になって気持ちがウキウキする☆

大楽のアンコールでW小春が目の前に来たのが可愛かった~

でも目前で2人揃われると時限の歪みでも起きているかのようでしたw

立海は…幸村のウルトラオレンジが凄まじかったっす…!

あれはどこかで呼びかけでもしてたのかな?

一気にみんなが取り出して燃えるようにアリーナが明るくなって…正直めっちゃ怖かったです。。。

柳の私服はもうちょっと何かあったでしょ…昭和初期の旧家の坊ちゃんみたいだった(^_^;)

でも大楽で元気の涙にやられました(>_<)

あれは反則だよー;;

跡部さんの「氷の世界」に掛け声がついたって聞いた時は「何でそんなことしちゃったんだ」って思ったけど、やっぱりクボベの力ですね。

煽られてやらないわけがない。

そしてやったら楽しかった^^

日吉が氷って書かれたボードをひたすら振ってる姿は一見シュールでしたが(笑)

あと日吉と跡部下剋上見られて超感動した!!

頼むよ日吉、これからもずっと跡部景吾を追いかけ続けてくれ。

長い間出演し続けてきたリョーチン、寿里さん、ケンヌも卒業。

ケンヌが「俺は俺の名前で~」を歌ってるとき、ふと関東氷帝のバクステで号泣していたケンヌを思い出してすごく懐かしい気持ちになりました。

あれから4年も経ったんだね…。

初代はさすがでした!

『テニスのおじさま』なんてTシャツ着てたけど、昔と何にも変わんない。

むしろ、よりキラキラしてた気がする。

テニミュは経験の若い役者が大勢いる分、役者を辞めてしまった人も少なくない。

初代だって完全に揃ったとは言えないけれど、あれだけのメンバーが7年経った今も揃ったことが本当に奇跡だと思う。

自分がその場に立ち会えた奇跡にも感謝です。

SeasonとI'm Always Winnerの話。

ドリライで昔の曲を歌ってくれるのは嬉しいけど、実際違う代の人達が歌ったら複雑な気持ちになるんじゃないかと思ってました。

事実、6thでNow&Foreverを歌われてすっっっっごいショックだったし…。

でも自分でもびっくりするくらいSeasonとI'm Always Winnerをすんなり受け入れられたんだよね。

I'm Always Winnerは絶対に柳のだ!!って思ってたけど、りゅーきが歌ってるのを見て「あぁ、柳からりゅーきに、初代から今へとちゃんとリョーマは受け継がれたんだな」ってジーンときた。

きっとその前の柳のコメントのおかげなんだろうなぁ。

リョーマは誰にも譲らねぇ」って言ってた柳が「りゅーきスゲー頑張ってるから、アイツをよろしく」って。

柳がそう言うんだ。

大楽で最後、顔くしゃくしゃにして。

Seasonは初代氷帝の曲!!

って思ってたけど、すごく良い場面で歌ってもらったと思う。テニプリに、テニミュに、ミュキャスにぴったりの歌詞で、ファンのみんなも知っているラストにふさわしい曲。

確か2代目青学も「Season歌いたい」って言ってくれてたけど、そんな良い場面で選んでもらえたことがすごく嬉しかった。

最後のWアンコールで出てきたキャストがウキウキしながらジャージ交換してる姿が微笑ましかったです。

跡部さんの立海ジャージの似合わないこと(笑)

でも最後が笑顔で終われて良かった。

本当に楽しかった。

ありがとうなんて言葉じゃ足りないくらい幸せな時間・空間でした。

キャスト・スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!