読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlimited***

DIAMOND☆DOGSを見つめる日々の雑記帳

えあぎあなはなし

ケンケン

待ちに待ったミュージカル『エア・ギア』のチケット、無事に取れました!!

公演決定を友人に教えてもらってからというもの、チケット発売が待ち遠しいったらなかったよ!!

たとえ自分がそのころには就職したばかりだとしても!

(まさか金曜始まり金曜楽とは思いもしなかったけれども…)

もし自分が4月も学生だったなら全通も辞さない覚悟ではあったけど、さすがにそうも言ってられないからね。

その頃はおそらくまだ研修中だとは思うけど、残業とか自分の調子とか立場とか、今の時点ではまだそういうのが何もわからないので超悩みましたよ。

初日は日付的に飲み会(歓迎会とか)が入りそうなので諦め、千秋楽がまさかの18:00開演という鬼のようなスケジュールだけど、今回のケンケンのコメントを聞き損ねたら死んでも死にきれないという思いで半分賭けのつもりでとりました。とりあえず4公演。

エアミュは私が初めて生のケンケンに会った舞台。

1人で舞台を見に行く勇気も無くて、でもまだケンケン友達もいなくて、友人に頼み込んでついて来てもらって、初めてスペース・ゼロに行きました。

今でこそスペース・ゼロなんて珍しくも無い場所だけど、そのときは迷うんじゃないかって不安だったなぁ。。。

劇場に着いて物販でパンフとケンケンの写真を買って。

買ったはいいけどドキドキしすぎて手が震えちゃって袋から写真が出せないの(笑)

開演前も別に自分が出るわけでもないのにすごいドキドキして、緊張しすぎで吐き気まで催すほどだったのを、今でも鮮明に覚えてます。

エアミュの再演が決まって、できたばかりのケンケン友達と協力してチケットを取って、かなりの良席に思わず電話をして喜んで。

でもケンケンの休養が決まり、エアミュも降板。

信じたくない発表に目の前が真っ暗になって、大学行けなくなるくらいに泣いて落ち込んで。

でも竜司の思いとか、貴くんの出演とか、そういうのに勇気付けられて、鎌苅健太のいちファンとして、最後まで見守ろう、応援しようって決めた。

次から次へとチケットが売りに出されていくのを見てやるせない気持ちになったりもした。

気持ちがわからないでもなかったから余計につらかった。

竜司が怪我をしたって聞いたときは、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

千秋楽、押しに押した開演時間。泣きながら話をしてくれた松田さん。本来の公演とはまるで違う。

でもみんなで作り上げてた。最後までやり通そうとしてくれた。

あの瞬間、キャスト・スタッフ・観客みんなの気持ちが怖いくらいに1つだった。

今度の公演が決定して、ケンケンが感じるもの・抱えてるものってすごくたくさんあると思う。

それが形になったものが見たいという気持ちも大きいし、何より大好きなエアミュがもう一度観られるのもすごく嬉しい。

でもきっとあれだな。

一気にケンケンに魅せられた、きらきら輝くイッキの瞳にまた会いたいんだろうな。