読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlimited***

DIAMOND☆DOGSを見つめる日々の雑記帳

KAZUKI KATO LIVE "GIG" 2010

1年4ヶ月ぶりのライブ。

最高でした。本当に楽しかった。

和樹くんとDRASTICS、お客さんが一体となって

みんなみんな心の底から楽しんでた。喜んでた。

もう無理!もうだめ!ってくらい、声を上げて腕を上げて体を揺らして飛び跳ねて。

言葉では表現できないくらい本当に本当に最高のライブでした。

1曲目からまさかの[Venus]で最初からテンションが上がりきって、

MCの「おかえり!」で泣きそうになる和樹くんを見て、

本当に良かった、嬉しいよ、おかえり!って気持ちで胸がいっぱいになって。

恋愛の歌だった[Just You]の

「孤独はほどかれた 足りないモノはない」

「解き明かせない神秘 ミクロの確立さ

ぼくらはめぐり逢い ここで笑ってる」

の歌詞が、今までに無いくらい心にきたのが自分でびっくりした。

しかも和樹くんがすっごくいい笑顔で歌ってくれるから、本当にやばかった。

新曲披露~MC~[melody][靴あと][Brilliant Snow]の流れで涙腺崩壊。

正直ブリスノで、しゃくりあげそうになるくらい泣いた。

和樹くんの込めた想いと、とおるさんのピアノの音色と、自分自身の気持ち、

そういうのが全部いっしょくたになって、本当にやばかった。

新曲はやく音源化されないかな。

Mさんと話してたんだけど、アコースティックMini albumとか出して、

是非[朝焼けのパズル]と一緒に入れてほしい。

あんな名曲、幻にしないで!

こんなしっとりした流れをどうやって切り替えるんだろう。

和樹くん無理じゃない?とか思ったら、

そこでDRASTICSですよ!!!!!!!!

もう最っ高!

DRASTICSじゃなきゃ、あの流れ変えられない!

シャバダバ~」「シュビドュバ~」って(笑)

どんなコールだって(笑)

とおるさん最高です、ホント!

[Hang Glider]~[BEACH]の流れは殺す気かと思ったけど(笑)

[Hang Glider]の中で[Flaming Ice]入れ込んでくるお遊び感とかたまらなくテンション上がったし!

前回の反省を生かし、絶対今回は[Hang Glider]きても跳ばない!って宣言してたにもかかわらず、

「壊れるなら壊れちまえ!!!!!!!」と思って最初から最後まで全っ力で跳んでやりましたよ!

後悔?しないよ!

[シュールな~][灼熱~][What can Tonight?]どれも最高のタイミングすぎて、

テンションと涙腺と体が壊れるかと思った。むしろ若干壊れたかも。

一番最後、マイクなしの和樹くんの声、メッセージ、姿にかなり泣いたけど、

正直一番感動したのは[WARNING]の合唱かも。

みんなでああして、歌手 加藤和樹の始まりとなった曲を歌えたのは本当に嬉しかったし、

ファンのみんなの想い、愛を感じた。

あの場にいることが出来て本当に幸せでした。

和樹くんが役者をしていなければ出逢えなかったし、

和樹くんが歌を歌っていなければこんなに好きにならなかった。

和樹くんが映画や舞台、ドラマで活躍してくれなければ、好きでいつづけることは難しかっただろうし、

和樹くんがその想いを唄にのせてくれなければ、こんなに心動くことも無かった。

いまの加藤和樹があることに本当に感謝してるし、

私は1番つらかったとき、和樹くんの歌に励まされて前を見れたことを今でも覚えてる。

3周年の武道館で感じた想い、今でも色あせてなんか無い。

私は胸を張って「加藤和樹ファンです!」と言える人間ではないけれど、

それでも和樹くんが好きで、ずっと応援していきたいと思ってる。

改めて、そう思わせてくれた本当に素敵なライブでした。

みんな、みんな、ありがとう。

It's my life!!