読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlimited***

DIAMOND☆DOGSを見つめる日々の雑記帳

新天地へのお誘い

DIAMOND☆DOGSが地上波に…!!

初回放送が終わりました。

東京MXTV2「明日、どこいくの?」

8月に行われたDIAMOND☆DOGS「マスカレード」上海公演の密着番組。

 

せっかくなので宣伝。再放送あるから良かったら見てね。

 

東京MXTV2「明日、どこいくの?」

※再放送:10月27日(火)、29日(木)23:00~23:30 *1

民放・地上波で、ほぼ30分まるっとDIAMOND☆DOGS。

関東ローカルとはいえ、それがいかに貴重なことであるか、舞台人を追いかけている人ならきっとわかると思う。

しかも2回も再放送してくれるんだって。

これを奇跡と言わずにいられようか。

 

夜景を見ながらの新吾くんの顔を見て改めて思い出しましたが、マスカレードってDIAMOND☆DOGSが一から造った作品なんですよね。

彼らが生み出し、描き、掘り下げて魅せた作品。

上海公演は水さんがいらっしゃらなかったので、再演版をベースにしているはずなのですが、ということは「揺り戻し」的な公演だったわけです。

2015年FINALを経て2013年への揺り戻し。

きっとそれは2013年ともFINALとも違う、また新たなる4つ目のマスカレードだったのだと思う。

残念ながら私は観ることが出来なかった上海公演だけれども、今回の番組で中国人の観客の方々の感想を見る限り、きっと喜ばれたのでしょう。

それを多分、彼らは目で、肌で、耳で感じたのだろうし、その思いはきっと私では計り知れない。

ただただ「お疲れ様でした。良かったですね。」としか言葉が出てきません。

文字で見ると冷たい印象にしかならないので彼らには書けません。

語彙不足でどうしようもない。

 

舞台裏や観光の様子が見られたのは勿論嬉しかったけど、見終わった今いちばん印象に残ったのは、終演後のホテルでインタビューを受けるリーダーの表情でした。

瞳がきらきらと輝いていて、思わず笑顔がこぼれている、そんなリーダーの表情見たことなかった。

 

番組内で「斬新だ」と現地の観客の方がおっしゃっていましたが、私は日本人にも「斬新」だと思う。

”DANCE OPERA

台詞は無し。

あるのは少しの歌と、音と、踊りだけ。

 

舞台鑑賞ってハードル高い?

 

テレビをつければドラマは見られるし、映画だって1,800円で観られる。

何なら少し待てばDVDにもなるし、更に待てば地上波でも放送される。

本でも漫画でも借りて読めるし、ネットで無料で読めるもの・観られるものもたくさんある。

それが当たり前のエンターテイメント・娯楽があふれる中で「舞台」って本当にハードルが高い。

舞台を観に行けば安くて3,000円、1万円近いものだって当たり前だし、バレエやオペラなんて2,3万する。

何を高いと思い、何にお金を払うかは個人の自由です。

私だって8,800円のDの舞台にはお金を払うのに、1,800円の映画鑑賞は考えちゃう。

某テーマパークに6,900円、悩んじゃう。

つまり何が言いたいかというと、はじめて舞台を観る人を連れてくるのは容易じゃないということ。

私自身、友人に「いつか舞台のリーダー見に来て」と言ったら「3,000円くらいなら…」と言われました。

残念ながら、3,000円でDIAMOND☆DOGSの舞台は観れないんだ。観れないし、創れない。

舞台を見たことない人にとってチケット代7,000円~8,800円、高いと思う。

でもどうか、是非観て欲しい。観に来て欲しい。

生でしか味わえない、舞台ならではの空気感。

 

呼吸すらはばかられるような静寂と緊張感。

かと思いきや、手を叩いて笑うこともある。

舞台から聴こえる衣擦れ、息遣い。

計算された美しいライトが照らす汗。

キャストの指一本、視線一つで涙する。

「ありがとう」「良かった」「お疲れ様」溢れそうな思いよ届け!と贈る拍手。

 

いつかは薄れてしまう記憶かもしれないけれど、それだけじゃない。

今この瞬間同じ場所で、同じ空気の中に自分が存在していること、それがいかに幸せなことか。

マスカレードFINALの座談会で新吾くんが言っていたけれど、まさに「カタルシス」。その通りだ。

 

舞台なんて観なくても死なない。

でもそんな人生、わたしはつまらない。

チケット代、安くないよね。簡単に出せないよね。

じゃあとりあえず、27日と29日23:00から東京MX2を見てみよう。

それで、舞台行ってみませんか?

*1:

【視聴について】

地上デジタル放送対応テレビのリモコンで9chを選択してください。

その後、選局ボタンの「+」(プラス)や「▲・▼」などを1回押すとTOKYO MX2をご覧になれます。

さらに、テレビの地上デジタル放送の番組表からTOKYO MX2の番組を選択することでもご覧になれます。